古河ユニック 周波数ID設定完全ガイド 対応機種RC-31.32.33

送信機を無くしたり、破損させて使用不能になり古河ユニックの工場にいくと45万円位の事を言われますよね。下取りに出すと半額になりますが、それでも20万超え(( ´゚д゚)) 実は電波法改正でRC-30.31.32.33は使用してはいけません、それでも高額の送受信機セットは買えない方のためにオークションで購入して使える可能性を紹介します。あくまでも可能性ですからご理解下さい。31.32.33の送信機は何でも互換性があります。フックインの有無もとりあえず作動します。

まずは周波数とIDの確認


周波数とIDの確認をしましょう
写真はRC-31R-HKの受信機です。
製番の【CP396】これが周波数とIDを表してます。CPが周波数で396が、IDを意味します。
周波数はアルファベット2桁で表してあります。
周波数はクリスタルと言う部品で変更します。しかし秋葉原を探さしましたが296Mz位のクリスタルは売ってませんでした。そこで、オークションで送信機を落札する場合に重要なのがアルファベット2桁です。受信機がCPなら送信機もCPを落札しなければなりません。ABなら送信機もABから始まる製番を落札しましょう。

RC-32R-HK

受信機はCC IDは1232
CCの周波数は、295.9735Mz

確認出来ない場合

ふたを開けるとマジックで書いてあります。
送信機も同様にマジックで書いてあります。

送信機の製番

右上に打刻 写真は【BL530】

この商番を確認して落札して下さい。
アルファベット2桁だけ合ってたらok

送信機を手に入れたIDの設定です。

ふたを開ける。

いたずら防止ネジで止まっているため専用工具が必要です。ホームセンターで扱ってます。トルクスのT-10

写真は電動工具用ですがドライバー式などあります。トルクスネジいじり止め付き  サイズはT10です。

ふたを開けると

ふたを開けるとアルミでカバーされている基盤がでて来ます。ゴムで4ケ所止まっているので外します。【この中にクリスタルが入ってます。】配線ありますから切らないように(^◇^)これを外すと下にIDを設定する基盤があります。

IDの設定

あとはIDの設定です。先ほど確認したIDを10進数から2進数に変換します。写真は437を変換した配列です。1はオン【数字が書いてある側】0はオフ【数字が書いていない側】にします。
【437】変換すると【110110101】となりスイッチの配列と比べると同じくなります。

進数変換

いろいろありますがアプリから進数変換で検索して使用して下さい。学校で習いましたから自分で計算しても良いですよ(^◇^)
10進数から2進数に変換です。

実際に変換してみましょう。

上側の基盤の様にIDの設定が出来ないものもあります。この場合は基盤の数字を10進数から2進数に変換して受信機側で設定します。

基盤にBT0922B 【922】がID
変換すると1110011010になります‼️
これを受信機側で合わせます。

一桁目が右側スイッチの1番です。
奇数なら1番のスイッチはオン
偶数なら1番のスイッチはオフ【数字側】

購入

ただ、ヤフーオークションを見て見ると製番を提示して出品しているかたがほとんどいません。質問で聞くか辛抱強く出品されるまで待ちましょう(o⌒∇⌒o)

powered by crayon(クレヨン)